もくじ
☆MUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園
こどもの世界
こどもの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

2017年 5 月 14 日(日) 版

☆保育スナップ 10 年長組の米作りが本格的に始まりました!!
 年長組の米作りが本格的に始まりました。今週は「田おこし」三本くわを使って土を返します。里山クラブの皆さんにくわの使い方、危険なことの指導を受けて、子ども達は慎重に田んぼを耕しました。次回は、「代かき」です。
 各学年は来週の「こいのぼり集会」を楽しみにしています。たまご組、年少組、年中組は自分だけのこいのぼり作りを楽しんでいます。年長組はクラスで4メートルの大きな布に皆で決めたデザインを協力して描いています。

 ◎年長組のリーダーについて
 年長組のこいのぼりのデザインが決まったところで、これからの生活で大事になってくる「リーダー」の話をしました。
子ども達の中では、年中組のときには年長組との関わりの中で所々で聞いた「リーダー」という響き。そして年長組さんから係の仕事の引き継ぎをしてもらった時には「リーダー」さんが、みんなを集め"はじめます""終わります"と言っていたこと印象的なようです。「年長になったらリーダー決めるんでしょ?」「早くやりたい」という声も聞かれました。
 ほぼ毎日やる「係の仕事"をはじめ いろんな活動がある生活で「自分たちで声を掛け合い自分たちの生活を自分たちで作り、より充実することを大事にしていきたいと思っていますその中心になるのがリーダーです。
 お当番の仕事は、みんなが順番にやっていきますがリーダーはより人に働きかけることも求められます。そういった面では誰でも簡単にできないところもあります。クラスの仲間と話し合いながら決めていくことに大きな意味があります。そのことで自分の思いを改めて考えたり、また自分自身を客観的に見つめ、こうしていこうと自分自身で自覚的に考え調整しようとする時期でもあります。だからこそ年長組で可能になってくるリーダーの位置づけです。
                                    園長 原田 小夜子
たまごぐみ(四年保育)
ヌルヌル、ドロドロが気持ちいい
着替えは自分で
ほら!はけたよ!
巧技台で遊ぶ
面白いね
滑り台をみんなで滑ろう!
ほら!一緒だよ
手のひらに絵具を付けて
鯉のぼり作ったよ!
年少組(ひよこぐみ)
砂場に水をいっぱい入れよう
島ができました
ホースの水で大騒ぎ
5月生まれの誕生会
みんな集まってお祝い
みんな集中してるね
絵本を先生達が読んでくれたよ
しろくまちゃんのホットケーキ!
本物が今日のおやつ
ジャンプだ!
雨の日もレインコートをきて遊ぼう!
初めての絵本の貸し出し!
年中組(ひばりぐみ)
いまから鬼ごっこをしよう
ルールを理解します
わぁ!おたまじゃくしだ
大筆で描いてみよう
模様を付けた和紙でこいのぼりを
竹の棒をつけて
野津田公園へ遠足
自然の中で
白爪草がいっぱい
自然を体感
花に囲まれて
散策はきもちいいね !
年長組(つばめぐみ)
米作り・田おこし・
3本鍬(くわ)で田んぼに空気を
理解して自分で耕す
田おこしは大切な仕事
何か生き物がいるかな
いたいた!
ほら!いっぱいいるよ
クラス親睦会でクラスが一つに
ボール運びを親子で
だるまさんがころんだ
4メートルの大きな布に模様を
力を合わせ描きました
▲上に戻る