もくじ
☆MUSASHINO☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園
★2016年度こどもの世界
こどもの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

2017年 5 月 7 日(日) 版

☆保育スナップ 9 鯉のぼりができるのが楽しみだな!!
 各学年が楽しんで「こいのぼり」を作っています。
 年中組は、フィンガーペイントで、年少組は、のりを使って、たまご組は、手形で「自分のこいのぼり」を作ります。
 年長は、ひとり一人が自分の考える欲しいこいのぼりの図案を描き、それを持ち寄って話し合い、クラスみんなで図案を決めます。4メートルもある布に、絵の具を塗って大きな鯉のぼりをつくります。世界に1つしかない、クラスのシンボルとしての鯉のぼりです。「年長組ってすごい」「自分達ってすごい」と実感した取り組みになることでしょう。
 この活動で、初めて「リーダー」を位置づけリーダーの選出の話し合い、リーダーを中心に色塗りをするなど、新しい取り組みの方法も学びます。

 15日(月)に全園児が集まって、こいのぼりを披露しあいます。
                                    園長 原田 小夜子
たまごぐみ(四年保育)
たくさん繋げたね
ままごとあそび大好き
イチゴを描いたんだよ
散歩は気持ちがいいね
先生、待ってぇー!
砂遊びも大胆になって
年少組(ひよこぐみ)
教室の絵本コーナーで
折り紙でイチゴ作り
砂場に水をたっぷり入れて
毎日読み語り
鯉のぼりを作ろう
糊でひとつずつ丁寧に貼って
年中組(ひばりぐみ)
指絵の具で模様を作って
和紙に写して綺麗だね
みんなよく聞いてるね
大きな砂場でみんなと
鬼ごっこを楽しんで
かまど給食は春の味
年長組(つばめぐみ)
4メートルの大きな布に
みんなで決めた図案を
グループごとに塗ります
協力して作るとすごいね
屋上でケンパー
オセロしてるのかな?
▲上に戻る