もくじ
☆MUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園
こどもの世界
こどもの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

2017年 10 月 15 日(日) 版

☆保育スナップ 28 子供たちに凄い力が育っているのに感心した運動会!!
  第42回運動会  雨模様で寒い天気で延期にするか迷いに迷って、日曜日、月曜日も雨の予報なので、決行しました。園庭の水溜まりを、雑巾で吸い取っていたら、一人のお父さんが「手伝いましょうか」と声をかけてくれました。次々とお父さんお母さんの輪が広がり、あっというまに水溜まりがなくなりました。「子ども達のために」の思いが一体となって、この時点で運動会は成功したと感動しました。
 子ども達が集まると、期待感でいっぱいで会場は明るくなって活気づき、今迄やってないことにも、子ども達は対応していて、凄い力が育っているのに感心しました。どの種目も生き生きと、一生懸命な子ども達でした。
 沢山のドラマがありました。跳び箱では、三段の縦を飛んだ子が、四段の縦を跳びたいと言ってきました。今迄四段の縦は跳んだことがないからどうかな?と担任。本人が決めているので挑戦させることに。そして「四段の縦跳べた!」運動会中に先生に交渉し、子どもは自分で決めたことはちゃんとやるということなのですね。そして子どもを焦らせずに、話しを聞いてあげることが、子ども達の良い力を引き出すことになるのですね。
 また、リレーでは子ども達が話し合って、走る順番を決めています。Yちゃんはアンカーにこだわっていますが、一度も勝ったことがありません。K君からバトンを受け取る所ですでに抜けない差があります。何度も悔しくて泣いていて、頑張ってもだめなんだという経験はどうなのかとYちゃんと話しをしました。違う順番で走るか、K君を助けてアンカーで走るかYちゃんはどうしたい?と聞くと「K君を助けたい」ときっぱり決めました。そして1位を取りました。自分の勝ちたい気持ちより、K君のためにを考えられる心の育ちと、諦めない気持ちが1位に繋がったのでしょう。
 寒い中未就園児の方が、沢山参加してくださいました。小学生も大きくなってステキな力を見せてくれました。
 寒い中 子ども達に最後まで、温かい応援をしてくださった皆さん、ありがとうございました。

                                    園長 原田 小夜子
心と体の成長を実感できる運動会
第42回・運動会
みんなの旗が見守ってくれたね
できるかな体操で体を温めて
たまごぐみ(四年保育)
野外音楽劇「おさんぽだいすき」
日常のお散歩の様子を
登ってジャンプしたり
かくれんぼしたり
トンボさんになったり
自由でかわいいたまご組
年少組(ひよこぐみ)
みんなでかけっこ
名前を呼ばれてヨーイドン
あの虹目指して!
みんなで走ると楽しいね!
足腰がしっかりしてきたね!
みんな笑顔で走ってたね!
豚の丸焼き!腹筋を使って
グーパー グーパー
6段の跳び箱によじ登ってジャンプ
幼稚園オリジナルの野外音楽劇
「ころちゃんはだんごむし」
直前に役を決めて今日はモグラに
絵本の世界を理解して
ひとり一人が主役だったね
役になりきって
年中組(ひばりぐみ)
鉄棒に飛び乗って
前回りに挑戦
リズミカルにケンパー
バーを障害物にみたてて
走りながら片足で踏み切って
歩幅を調節してジャンプ
野外音楽劇「とべバッタ」
音楽と歌は幼稚園のオリジナル
劇の流れを理解して
役の動きを工夫して
すっかり役になりきって
絵本の世界を楽しみました!
クラス対抗の玉入れ
作戦もみんなで考えました
ヤッター、勝利の喜びを!
年長組(つばめぐみ)
自分で決めて4段の縦に挑戦
入園してからの成長を信じて
果敢に挑戦しました
武蔵野幼稚園伝統の荒馬踊り
5歳児がここまでできるんだ
二つ跳び、四つ跳び!
カモシカ跳びで思いっきり跳ねます
太鼓に合わせて
かっこよかったね!
最後の種目・クラス対抗リレー
自分たちで作戦を考え
走る順番も話し合って決めて
クラスの思いをバトンに託して
最後まで諦めない
皆の願いが叶ったかな!
みなさん、温かく見守っていただき有難うございました!
かわいい未就園児のおともだち
卒園生来てくれてありがとう
今日はみんな頑張ったね!!
運動会で頑張ったことを発表
みんな胸を張って答えてたね
金メダルを先生に掛けてもらって
▲上に戻る