もくじ
☆MUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園
こどもの世界
こどもの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

2019年 2 月 24 日(日) 版

☆保育スナップ 43 年長組・成長が実感出来た「劇の会」!!
 年長組の劇の会がありました。絵本という文学作品の筋書きの理解だけでなく、登場人物の像を描きその場面の情景、その時の思いも十分に話し込み、それで得られたイメージを共有しながら、言葉(セリフ)動作を集団で作り上げます、自分たちの劇は「こういう風にしていこう」と決まり事をしていって、劇という形にしていきます。
 個々は、虚構の世界で自分でない自分を演じていきます。「劇」とは、人間の内面、心がテーマだと思います。「こういう時自分ならどう思うか」「悲しい、辛い、嬉しい、飛び上がるほど嬉しいなどなど」の感情を表現してみる。
 自分とは違う人間になることで自分を客観視することになり、感情体験をしていくことにつながっていき、これらの力が他の人とのコミュニケーションを取る力になる土台が作られていくと思います。子供たちは意識して「心を耕す」体験をくぐっています。一人一人が自分の役を演じ、クラスの仲間と助け合い、認め合いながら劇を作ってきました。
 入園、進級してからの子どもたちの成長をずっと見てきた、お母さん、お父さん方が感動し、実感できた「劇の会」でした。
                             園長 原田 小夜子
劇の会・つばめ1組「やまんばのにしき」
衣装を着て、役になりきって!
みんなでお月見をしていると
山からがらがやってきて
餅をついて持ってこいと!
餅をみんなでついて
あがさばんばを先頭に運んでいると
嵐に遭ってあがさばんば1人に
餅を届けた
熊汁をご馳走になったり
足をもんだり
かえりにお土産をもらって
村ではあがさばんばの葬式が
いきていたのでみんなビックリ
お礼の錦をみんなで分けて
みんなよく頑張ったね
劇の会・つばめ2組「あほうむらの九助」
みんなを笑わせるぞ!
お代官がやってくるので九助に相談
年貢をとりにお代官がやってきた
みんなダラス(ばかもの)になって
ちょうずを回せと言うと
長ーい頭をグルグル回して
腐ったタイを
お代官様に差し上げて
大根おろしを持って来いと
落ちてくる大根に
お代官はビックリ
床をとれといったら壊された
あほうむらはもうたくさんじゃ!
よかったよかった
たくさん拍手をもらったよ
劇の会・つばめ3組「さんねんねたろう」
さぁ!頑張るぞ!
働き者の寝たろう!
おっかあの看病を一生懸命
白いご飯が食べられずに死んだ
働いても働いてもだめだ!
おらはもう寝る
くすぐっても起きないし
お役人がきても起きない!
ねたろうはすごいね
秋のお祭りを
皆で祝っていると
ねたろうが突然起きてきて
ここを掘ればええがな!と
水が流れてきて
ねたろうのおかげや!
▲上に戻る