もくじ
☆MUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園
2021年 10 月 3 日(日) 版
こどもの世界 「もくじ」に戻る

こどもの世界

picture
保育スナップ 23
どんぐりの絨毯!!
 満3歳児(たまご組)は、毎日のように散歩に出かけて、様々な自然に出会っています。同じ散歩道でも違う楽しみ方ができることが魅力です。今子供たちが夢中になっているのが虫探しです。
 バッタやコオロギがいっぱい。はじめの頃は「先生とって」と言っていた子供たちも、虫取り名人Tくんの姿を見ながら自分で捕まえられるようになってきました。他の子たちも必死で探して追いかけますが、コオロギもなかなかスピーディーな動きで苦戦しています。それでもめげずにぎゅっと掴むMちゃん、R君に、TH君は「優しくつかんであげてね」と声をかける姿もあります。
 少し歩くと1面どんぐりでいっぱい。まるでどんぐりの絨毯。そのどんぐりをうれしそうにニコニコしながら大喜びで拾う子供たち、両手を広げて「わあどんぐり」と嬉しそうなM子ちゃん。どんぐりを指で挟んでぴょんと飛ばす遊びを楽しんでいる子もいます。さぁ誰が高く飛ばせるかな?君と飛ばした後Tくんが一言「あれ?僕のどんぐりどれだっけ?」どんぐりの絨毯の中では自分のどんぐりを見つけるのは難しかったです。お散歩から帰ってきた後はみんなが捕まえたコオロギたちが大合唱。素敵な音楽を聴きながらお弁当を食べました。
 
 秋は季節の美味しい果物や野菜などたくさんあります。武蔵野幼稚園でもいろいろな秋の味覚を食べています。特に年長組は毎年「さんま」を食べています。が、今年は高くてどうしようか?となりました。今の年長組の子ども達は、昨年からのコロナ感染対策で制限された生活を送っています。やっぱり一人1匹づつ食べさせたい!と、食べることになりました。
  炭火で焼いて食べました。1匹丸ごと食べる経験のない子も多く「誰が骨を取ってくれるの?」と言う子もいて、自分で骨と身をより分けて丁寧に、時間をかけて食べていました。

                    園長 原田 小夜子
picture
たまご組(4年保育)
picture
散歩って気持ちいいね
picture
バッタ見つけたよ
picture
こねこねパンは出来たかな
picture
砂を集めたり、絵を描いたり
picture
ポーンと投げてみよう
picture
紐に通してみよう
picture
1個1個丁寧に
picture
布わらじを履いて遊ぼ
picture
飛んでったバナナのエプロンシアター
picture
年少組(ひよこ)
picture
丘の上からダッシュだ
picture
色んな物に出会って
picture
原っぱでお弁当
picture
力を合わせてトンネル掘ろう
picture
水路を作ろう
picture
工夫して色水を作って
picture
紙芝居を作ったよ
picture
お空の雲を描こう!
picture
ハサミを使って足がいっぱい
picture
年中組(ひばり)
picture
まだまだ栗がいっぱい
picture
お花も摘んだよ
picture
木登りも楽しんで
picture
戸板登り・よじ登って
picture
向きを変えて降ります
picture
 みんな逆さまだ
picture
お面作り・目を付けよう
picture
お面作り・ハサミで切り抜いて
picture
作ったお面を付けて踊ろう
picture
年長組(つばめ)
picture
サンマを炭火で焼いて
picture
丸ごと一本いただきます
picture
綺麗に骨がとれて
picture
運動会の旗の絵を描こう
picture
運動会で頑張りたいことを-跳び箱
picture
僕はリレーだな
picture
公園の原っぱに出かけて
picture
バトンの渡し方を
picture
公園でお弁当美味しいね

picture