もくじ
☆MUSASHINO☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園
★日本の伝統を体験
むさしの・もくじに戻る

むさしの

「お茶の会」 日本の文化に触れる! 年長組
 日常とは違う、厳粛な雰囲気。 日本の伝統文化を味わいます。四月にお母さんたち(全員)が体験します。園舎の2階に専用のお茶室が完備されていて、五月より年長組全員が月一回の「お茶の時間」を楽しみます。お茶に作法があります。身だしなみでは、洋服のほこりを落とし、白い靴下に履き替えてお茶室に入ります。一回15人で静かな落ち着いた雰囲気を味わいます。5月から3月まで続きます。
お母さん達が体験
おかあさんもしんみょう
結構なお手前で
いつもと違う雰囲気に緊張!
作法が大切!
白い靴下で!
「石田宗清」先生に指導を受けています!
 こんにちは! 私は現在、武蔵野幼稚園年長組の園児さん方とお茶の勉強をしております。その中で、先ず第一に大切なことは「ご挨拶ができる」と言うことです。  毎日、朝起きた時には、ご両親に、そして幼稚園に着いたら先生や友達に「お早う」と挨拶をしますが、この一言は「呼び掛け」のことばですね。「おはよう」がきっかけで、遊びの輪の中に入っていくこともできることでしょう。 このような挨拶は、成長として社会に出た時のコミュニケーションの第一歩だと思います。どうぞ、お母様方、朝の忙しい時でもお子さん方の「挨拶」のことばに答えてあげてください。
◎ お茶の勉強について
・お茶室では、床の間の掛け物とお花を眺めてから着座します。そして、膝前に扇子を置いて
 「おはようございます」と挨拶をします。
・お茶菓子が運ばれて来ましたら「お先に」「どうぞ」と隣同士で挨拶を 交わしてから取り回し、
 一緒にお菓子を頂きます。
・抹茶茶碗が運ばれて来ましたら「頂戴します」と挨拶をしてから頂き、 頂き終わって茶碗を
 返す時には「ありがとうございました」とお礼の   ご挨拶をして終わります。

 床の間の掛け物につきましては、武蔵野幼稚園が鵬雲斎お家元より 「和を以て貴(たっと)しと
為(なす)」 の色紙を頂戴しておりますが、お茶の勉強の時は「和」の大字色紙をかけてあります
ので「いつでも、誰とでも仲良くしましょう」と話しております。又、床の間の花の名前や干菓子の
名前をお教えするなどしながら「お茶」のひとときを過ごしております。                                   石田宗清(そうせい)

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


 ◎凜とした空気の中で

 年長さんが5月から続けているお茶の風景
 緊張した中で作法に沿ってお茶菓子とお茶を!

 ☆この動画を見るためには、Adobe Flash Player の
 最新バージョンが必要です。
 尚、この動画はテスト配信ですので、予告なしに  
 削除する場合があります。
             教務・制作担当

▲上に戻る