もくじ
☆MUSASHINO☆
☆KINDERGARTEN☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 武蔵野幼稚園

武蔵野幼稚園独自の保育実践の紹介

子育てにとって大切なものは何でしょうか!
 幼児期は心も身体も、人間の基になる大事な部分を育てる時期。木にたとえるならば 「根っこ」 でしょうか。根がしっかりしていなければすぐに倒れてしまいます。しっかりと大地に根をはった木に、育てたいものです。
 見える部分を上へと伸ばすことではなく、見えない部分の根を、しっかりと太らせたい ものです。 そして本当に、人間として大切なものは何か、子育てにとって大切なものは何か、子ども達の成長を見つめながら考えてきました。武蔵野では37年間の保育の積み重ねの中で、2才、3才、4才、5才児の発達の筋道をおさえながら、一人ひとりの成長を保障する保育内容を工夫し、実践してしています。
▼伸び伸びと五感を生かして
☆たっぷり自然を体感
☆砂・土・水・ドロ遊びをたっぷりと
☆園外へ積極的にでかけます
☆収穫・旬を味わう
▼しなやかな体づくり
☆サーキット運動 鉄棒 リズム等 年少・年中 
☆なぜリズム(リトミック)をするのか?
▼知的好奇心とコミュニケーション能力を高めます
☆年中組 大型動物作り
☆年長組 動物園ジオラマ作り
▼釜戸給食の実施
☆旬の物を一汁一菜で、釜戸で炊いたご飯を
☆釜戸給食の感想文紹介
▼食育を大切にしています
☆食の取り組み 一学期の活動
☆食の取り組み 二学期の活動
☆食の取り組み 三学期の活動
▼ひとりぽっちの子育ては卒業しよう
☆育ち合う仲間作り その1
☆お母さんが元気のでる子育て
▼日本の伝統や質の高い文化に触れます
☆本式の「お茶」の時間を体験します 年長組
☆荒馬座公演・人形劇団・演奏会を楽しみます
▼幼稚園はみんなが兄弟姉妹、そして家族
☆異年齢との交流 -縦割り活動 1学期-
☆異年齢との交流 -縦割り活動 2学期-
▼武蔵野の保育が高い評価を受けています
☆保育専門誌に柚木武蔵野の「米づくり」が紹介
☆学研の保育雑誌に「劇遊び」が紹介されました
☆学研の保育雑誌に「共同製作・描画」が掲載
 
幼稚園およびホームページに関するお問い合わせ、ご意見はこちらへ!
▲上に戻る