もくじ
☆MUSASHINO☆
 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園! 当たり前の生活を取り戻すきっかけになる幼稚園!
縦割り活動 二学期 むさしの・もくじに戻る

速報コーナー

         異年齢との交流 -縦割り活動の充実-  2学期
◎異年齢との交流 縦割り活動の充実
  「荒馬の引継ぎ」 「短なわのあそび」を通して、また「ジオラマ動物園に招待」を通して異年齢の交流、縦割り活動をします。
 「荒馬」や「短なわ」では年長組から年中組に一対一でう「馬の付け方」「たづなの持ち方」「踊り方」など、「短なわ」では「縄の持ち方」「跳び方」「結び方」等手をとって教えてあげました。「ジオラマ動物園」では「作り方」や「苦労したこと」「工夫したこと」等の感想を伝えていました。
 これらの取り組みは年長組にとっては自分たちの年中組の時に教えてもらった体験のある取り組みです。「こんどは僕たちが教えてあげるんだ!」そんな思いを抱きながら、やってあげる、教える喜びを体験することになります。異年齢の交流を通して小さい子どもへの優しい気持ち、大きい人への憧れなど、こころが育つことも大切に考えています。
 
『荒馬の引継ぎ』 -年中さんに言葉をかけて-  
年長組の最後の踊り
たっぷり踊ったあと
いよいよ年中さんに
馬を引き渡します
馬の付け方
紐の結び方
しっかり結んだ方がいいよ
ちょうちょ結びは、こうだよ
年長が踊ってみせると
年中さんも踊ります
荒馬を大切にしてね
わくわくドキドキ踊ります
『短なわの交流』 -一対一で教えます-
まずは年長さんの技を
見せてあげました
縄の持ち方
飛ぶときの準備
飛ぶタイミングは難しい
そう、そうだよ!
もう少しで跳べるよ
公園でも交流しました
縄の片付け方
公園に一緒に行ったね
お姉さんを頼りにして
みんな仲良しです
『ジオラマ動物園に招待!』 「年長さんてすごい」っていわれました
ペアクラスに招待状を
明日来てね
「年長さんすごい!」って
これ僕がつくったんだよ
動物の説明
細かなところも解説
設計図すごいね
この棒渡すのに苦労したよ
トイレもあるんだよ
▲上に戻る